日本人はお金を稼ぐことに貪欲になることは悪いことだという教育を受けてきました。

越後屋とお代官様のように稼いでいる人は悪いことをしているというイメージが定着しているんです。

成金という言葉もありますが、お金を稼ぐことに対していいイメージを持たされていないのです。

お年玉を貯金する

先進国でお金についてもっとも学んでいないのが日本だという人もいます。

子どものころ、おとし玉を全て貯金していたという人は多いと思います。

なぜ貯金をするのか?

子どものころには

「大きくなった時のために無駄遣いをしないで貯金をしておきなさい」

そういう風に親に言われてきました。

さて、その貯金はその後どうなりましたか?

ほとんど利子がつくこともなく、通帳に残っているだけですか?

もし、本当にお金のことについて学ばせるなら、ただ郵便貯金をさせるだけではなく、定期預金や外貨預金、金取引、投資にチャレンジさせてもいいはずです。

でも、そういった投資にはリスクがあるから貯金しなさいと親は言ってしまいます。

親自身がお金についてちゃんと学べていないからではないでしょうか。

中学生くらいから、ちゃんとお金について学ぶべきでだと思います。

親がちゃんとお金に対する教育を受けていないので、子どもにお金はどういうもので、どんな流れで動いているかを説明できないのです。

稼ぐことは悪い事?

先ほども話ましたが、日本人は稼ぐということに悪いイメージを持っています。

では稼ぐということはどういうことでしょう?

 

ちょっと視点を変えてみましょう。

あなたはどういうときにお金を払いますか?

ちょっと考えてみてください。

 

自分の大嫌いな人にお金を払いますか?

払いませんよね。

 

では必要のないものにお金を払いますか?

よっぽど奇特な人でない限り、いらないものに払わないはずです。

それを払わせていたら、それは詐欺です。

 

いったいどんな時、どんなものにお金を払うのでしょう。

  • 生きる上で必要なもの
  • それが好きで欲しいもの

そういわゆる

Needs」と「Wants

ですね。

そしてあなたは商品やサービスを提供してくれた相手に、感謝のかわりにお金を払うのです。

つまり稼ぐということは

ありがとうという感謝の数を増やすこと

ということなんです。

 

あなたが今稼げていないのでしたら、他の人に感謝をされていない

もしくは幸福にしてあげている数が圧倒的に少ないのです。

稼ぐこと=喜ぶ人を増やす

なのですから、全力で稼がなければいけないのです。

 

考え方を変える

稼ぐことが他の人のためになるという考え方をすると

今までうまくいかなかった原因がわかってくると思います。

幸せにしてあげる人を増やすと、後からお金はついて来ます。

沢山の人を幸せにするためにも全力で稼がなければいけないという覚悟をすることが重要なのです。

Facebookでコメント